蜂の毒を吸い出せる便利グッズで応急処置~無理に退治しないために~

応急処置ができる便利グッズ【ポイズンリムーバーの注意点】

蜂に刺された時に、簡単に毒を排出できるポイズンリムーバーという便利グッズがあります。近くに綺麗な水がない場合に、ポイズンリムーバーを使用すれば蜂の毒が体内に入り込まないようにできます。ここでは、この便利グッズを使う時の注意点を説明しているので事前に把握しておきましょう。

蜂に刺された直後に使用する
蜂に刺されてすぐに使用しないと、血液に毒が混ざってしまい身体全体に毒が巡ってしまいます。患部だけに毒がある状態に使用すれば、最小限の被害に抑えることが可能です。ポイズンリムーバーは、毒だけでなく皮膚に残っている針まで吸い出して皮膚への被害も軽減できます。そのため、刺された際はすぐに使用するよう心掛けておきましょう。
使い方を把握しておく
ポイズンリムーバーの使用方法は難しくありませんが、事前に使い方を把握することが必要です。応急処置をする時は、落ち着いて行動することが難しくスムーズに使用できない可能性が高いです。購入してから一通りの操作を確認しておけば、いざというときでも落ち着いて応急処置ができます。
しっかりとケアをする
蜂の毒を吸い出しても、全ての毒を排出できる訳ではありません。また、毒を吸い出して放置すると菌が入り込んで感染症にかかるため危険です。ポイズンリムーバーを使用後は、傷口を洗って薬を塗るようにしてください。それだけでなく、応急処置後には必ず医師に診てもらい判断を仰いでもらいましょう。

蜂の巣を発見した場合の正しい対処法とは

蜂の巣を見つけた時の対処法としては、蜂退治ではなく巣に近づかないよう気をつけることです。特にスズメバチは巣を守るために、常に見張り役が飛んでいます。近づいてしまうと顎を鳴らしたり、周囲を飛び回ったりします。誤って巣に近づいた場合は、蜂が寄ってきても走らずに静かに離れるという対処法が最適です。他にも大きな声を出さない、手で蜂を払う動きをしないようにします。子供がいる家庭では、対処法として巣に近づかないよう注意を促してください。

TOPボタン